■■■ブログ内検索■■■

2010年02月27日

藤和白金台ホームズ(オープンルーム見学記)

数週間前に、藤和白金台ホームズのオープンルームを三井不動産販売(三井のリアルプラン)が実施していた。
目黒通りから三光坂方面に少し入ったところにありながら、専有面積72.50uで6,200万円と、そう高くない(単価で見ると、平米単価で86万円、坪単価で283万円)。
ちょっと狭めではあるものの、立地はなかなか良さそうだし、気になったので見に行くことにした。

藤和白金台ホームズは、その名の通り分譲会社は藤和不動産、施工は鴻池組。
平成9年2月築なので、そこまで古くない。
建物は5階建てで、総戸数は16戸と、分譲マンションとしては規模は大きくない。
共用部分の施設などは期待できないが、1戸あたりの土地持ち分は大規模マンションと比べれば大きく、個人的にはこういった小〜中規模、低層〜中層マンションは気になるところ。

今回売り出されているのは2階住戸で、管理費が月額21,900円、修繕積立金が月額10,520円と、安くはないがそう高くもない。
駐車場の空きは無しとのこと。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 20:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 白金・高輪の物件 |edit

2010年02月15日

シティタワー麻布十番はいつ完売するのか

もう何週間も、毎週のようにチラシが入っている新築マンションというのはほぼ決まっていて、広尾ガーデンフォレストと、麻布十番のタワー2物件。
麻布十番のタワーについては、あまり関心もないので、大々的な値下げをしていないかどうかだけざっと見ていたけれど、先週末改めてシティタワー麻布十番のチラシをじっくり見てみた。

チラシ表面には、「先着順受付中」と書いてある。
もう完成してだいぶ経っているわけだから、そりゃまあそうだろう。
それでいて、特に価格改定された様子はない。
立地がそこまで悪いわけではないし(個人的には良いとも思わないが)、人気がある(とされる)タワーマンションだし、販売済み住戸も多いから、大々的に値下げはやはりできないのだろう。

チラシ裏面を開き、物件概要に目を移す。
販売戸数・・・なんと70戸!
続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 22:04 | Comment(9) | TrackBack(0) | 麻布十番の物件 |edit

2010年02月12日

タワーマンション騰落率ランキング「土地、駅、マンションの目利き入門」プレジデント 2010.3.1号

プレジデント最新号で、不動産特集が組まれていた。
38ページから125ページまでという大型特集で、マンションについては中古マンションについての内容が中心。

港区の中古マンションについて言及した箇所も多い。
関係するのは、具体的には次のような記事。

首都圏お買得駅ランキング・・・過去10年間に売却または賃貸に出した時に最も稼ぐことができた駅の順位。

首都圏800駅データ・・・この類の雑誌ではおなじみの、駅ごとに70u換算価格がまとめられた一覧表。今回の記事では、2000年、2005年、2008年、2009年の価格が駅ごとに載っている。

騰落率ランキング・・・分譲時と比べて値上がりした率の高いマンションのランキング。都区内、都下など地区別のランキングの他に、タワーマンションでの騰落率ランキンググッドデザイン賞受賞マンションの騰落率ランキングがある。

ヴィンテージ物件ランキング・・・築後10年以上経過しているマンションの、実勢中古坪単価のランキング。20位まで載っているが、港区が10棟、渋谷区が10棟と、すべてが港区か渋谷区になっている。


いずれのランキングも、ぱっと見ただけでは「ふーん」という感じで、少し詳細に見ないとな、という感じだけれど、タワーマンションの騰落率ランキングは少し興味深い。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌記事・その他 |edit

2010年02月06日

グランスイート高輪が大幅値下げ、ほぼ半額!

週末は、朝起きるとまず新聞チラシを見るのが日課になりつつある。
今朝も見ていたら、いつも通り売れ残っている新築マンションのチラシがたくさん入っていたけれど、その中にグランスイート高輪のチラシも入っていた。
グランスイート高輪も毎週ではないかもしれないけど、しょっちゅうチラシが来るので、またいつもと同じチラシかと思ったら、表面の一番下に「新価格発表 2月6日(土)〜」とあり、109.39uの2LDKが19,500万円から11,800万円になった、ということが書いてある!

1億9,500万円が1億1,800万円ということは、ほぼ40%の値引き
去年も郊外の新築マンションで値引きがあったり、マンション再販業者が買い取って2〜3割値引きして売るということはあったけれど、売り主が変わらず4割引きというのはそうはないし、港区の新築マンションがおおっぴらに値引きされるのは珍しい。

東急不動産が分譲していたブランズ赤坂で、1億2,980万円が9,980万円という値引きがあったが(「ブランズ赤坂 新築3,000万円値引き!」参照)、それでも値引率は3割未満。
他にもクオリア三田で、住宅購入資金サポートという表現で実質値引きが行われていた(「クオリア三田 住宅購入資金800万円サポートキャンペーン」参照)が、対象住戸は1戸のみ、値引率も15%と小幅だった。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 10:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 品川の物件 |edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。