■■■ブログ内検索■■■

2010年08月30日

「これって格差社会の象徴? 都心『億ション』販売好調」夕刊フジ

数日前ヤフーを見ていたら、「都心『億ション』販売好調」という見出しが出ていた。
中身を見てみると夕刊フジの記事だったが、港区など都心の超高級マンションが順調に売れている、ということが書いてある。

中には、これって本当に好調って言えるの?というようなことも書かれているが、港区の高級マンションについての記述はおおむね次の通り。

・「ザ ロッポンギ 東京 クラブ レジデンス」は、7月と8月に売り出した第1期分(95戸)について、ほぼ半数が1億円超だったにもかかわらず、9割が売れた。特に、2億6,800万〜4億8,000万円の最上階の7戸は販売初日に売れた。

・三菱地所の麻布台物件(=麻布台パークハウス)も半数以上が1億円越えだが、堅調に推移

シティタワー麻布十番も全502戸の半数が億ションだが、恒常的に毎月売れている。

個人的には、価格を抜きにしても、ここに出てくるマンションはどれもそこまで魅力的には見えないので、苦戦するのではと勝手に思っていた。
特に、THE ROPPONGI TOKYOの第1期が9割売れたというのは意外。
恐らく立地面が大きいのだろうけれど、六本木に大金を払ってでも住みたいという人がこんなにいるとは。
もちろん中には投資目的での購入や、特殊な用途での購入もあるのかもしれない。
だがいずれにしても、今も六本木というアドレスを、強いブランドと思っている人がそれなりにいる、ということなんだろう。

麻布台パークハウスも、敷地が定期借地権なのに高額なので、なかなか厳しいのではと思っていたが、記事には「堅調」としか書かれていない。
六本木の方は9割売れたとか、最上階7戸が即日完売とか具体的に書かれているが、麻布台の方は数字で示されていないので、そこまで好調ということではないのだろう。

実際、ホームページを見ても、総販売戸数164戸に対して、13戸が先着順での販売となっている。
現時点の物件概要に出ているだけでこれだから、キャンセルなどで今後増えるかもしれないし、数を少なく見せている可能性もある。
堅調とは言えるかもしれないが、決して好調ではないだろうし、定借ということで先行きも明るくはない。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 00:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌記事・その他 |edit

2010年08月23日

『マンションは間取りで選びなさい』に共感

最近は夏休みの時期だからか、不動産チラシも低調であまり面白いものがない。
時間もあるので、何か本を読もうと思い、どこかで紹介されていた『マンションは間取りで選びなさい』を読んでみた。

特に港区のマンションについて勉強しようということではなく、一般的なマンションについての知識や、新しい気付きがあればと思って手にした本だったが、意外にも港区に関する記述もあった。
だが最も興味深かったのは、やはりその主題である「マンションは間取りで選べ」ということ。
続きを読む
タグ:書籍
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 23:45 | Comment(6) | TrackBack(1) | 雑誌記事・その他 |edit

2010年08月08日

マートルコート白金三光坂

数ヶ月前から突然チラシが入り始めた中古マンション。
中古マンションといっても、1戸2戸ではなく、正確な数は覚えていないが10戸以上同時に出ていて、チラシも仲介マンションというより新築マンションの体裁だった。

そのマートルコート白金三光坂が、総戸数は43戸しかないのに、今でも9戸売りに出ている
価格は、46.54uが3,670万円、74.90uで5,980万円〜6,450万円など。
いずれも坪単価は300万円未満、およそ半分は260万円台と、港区で今出ている中古マンションに比べれば割安にも見える。
築年月は平成8年1月とのことで、やや年数が経ってはいるが、そこまで古くもない。
内装も今年の3月頃にリモデリングしたようで、写真を見る限りは非常にきれい。
それがなぜ全然売れないのか。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 14:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 白金・高輪の物件 |edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。