■■■ブログ内検索■■■

2013年06月22日

ザ・レジデンス三田

けっこう前から、シャトー三田の建て替えとして新聞などでも報じられていたザ・レジデンス三田。
ザ・レジデンス三田という正式名称が決まる前から、(仮称)港区三田プロジェクトとして宣伝されていたが、未だにチラシが頻繁に入ってくるように感じられ、どうもあまり芳しくない状況のように見える。

【概要】
売主は野村不動産と三井不動産レジデンシャル。
施工は清水建設と、一流の会社によるプロジェクトに見える。
地上24階地下2階建、総戸数は252戸だが、そのうち非分譲住戸が77戸ということなので、販売されるのは175戸ということになる。
専有面積は52.39〜146.65u。

なぜか建物の竣工予定時期はDMにもホームページにも書かれていない。
以前送られて来たDMでは引き渡し予定時期が平成26年12月下旬となっているが、今ホームページを見ると、入居予定時期が平成27年1月下旬となっている。

販売予定時期についても、(仮称)港区三田プロジェクトとして送られて来たDMでは平成25年5月下旬となっていたが、ザ・レジデンス三田の名称に決定したというお知らせのDMでは平成25年6月下旬になり、ホームページを見ると平成25年7月下旬になっている。

価格は、「『ザ・レジデンス三田』サロン」から送られて来たメールによると、1LDK 56.51uが6,900万円台〜、2LDK 60.22uが7,200万円台〜、3LDK 71.42uが8,400万円台〜とのこと。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 田町・三田の物件 |edit

2013年06月06日

「マンション時限爆弾 老朽化にどう対応する」週刊東洋経済2013年6月8日号

つい先月も2013年5月11日号でマンションを特集していた週刊東洋経済が、今度は2013年6月8日号でマンションの修繕、維持管理、建替えといった内容に特化した特集を組んでいた。
マンション探しをする上でも、新築なら買った後の維持管理がスムーズに行くか、中古なら適切な修繕がなされ、計画もきちんとしているかというのは重要なポイント。
今自分が住んでいるマンションの維持管理をどうするか(区分所有者の一人として何ができるか)という観点でも非常に興味深い記事だった。
また、個人的には以前からタワーマンションの持続性に疑問を感じていたが、その点についても一つの章として取り上げていており、好感を持った。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 00:25 | Comment(7) | TrackBack(0) | 雑誌記事・その他 |edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。