■■■ブログ内検索■■■

2014年05月06日

プラウド白金台三丁目

5月3日の新聞朝刊に、プラウド白金台三丁目の折り込み広告が入っていた。
今年の2月には物件公式サイトができていて、そのときから少し気にはなっていたが、今月下旬からモデルルーム事前案内会開催、来月6月)中旬から販売開始ということらしい。

【概要】
名前の通り野村不動産のプラウドシリーズ。
地上5階建てでありながら、総戸数は83戸、専有面積も70.00〜100.83uと、低層マンションとしては比較的規模が大きい。

敷地面積も3,764.46uと比較的大きいことが、敷地の権利は70年の定期借地権(地上権)ということで、購入者に土地所有権の持分は一切無いことになる。
チラシには「定期借地権(地上権)」とあり、物件公式ホームページには「定期地上権」と書かれているが、期間満了後に取り壊すとはどこにも書かれていない。
地上権の方が借地権よりも権利として強い、と聞くが、ネットで調べてみると、定期地上権の場合は必ずしも解体義務はなく、取り壊しにせずに土地を買い取って継続したり、建物を土地所有者に有償又は無償で譲渡することが可能、という情報もあった。
最初からどうするかが決まって入れて変更できないのであれば良いが、選択肢があるとなると、住民の意思決定が難しそうな気もする。

引き渡しは平成27年9月下旬とあるが、なぜか建物完成時期についてはチラシにも公式ホームページにも書かれていない。
決まっていれば当然書くべき情報だと思うが、それが書かれていないというのは、少し不安を感じる。

設計・監理、施工は竹中工務店。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白金・高輪の物件 |edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。