■■■ブログ内検索■■■

2015年02月28日

不動産の高値はいつまで続くのか

マンション価格が高い。
高すぎて検討する気も起きない。

最近の港区の新築マンション価格を見ると、ザ・パークハウス西麻布霞町が59.84u〜124.93uの間取りに対して価格は8,000万円台〜2億9,000万円台。
パークコート赤坂桜坂に至っては、第一期販売住戸価格が62.08u〜123.53uに対して1億1,800万円〜3億3,500万円となっている。

これらはかなり立地の良いマンションだが、最寄り駅から徒歩10分近くかかり、湾岸部の埋め立て地に作られる総戸数883戸の大規模マンション「GLOBAL FRONT TOWER」ですら、第3期2次の予定価格は75.45u〜84.77uに対し7,100万円台〜9,000万円台。
過去に分譲されたマンションについて見てみると、同エリアで比較的高級と思われる芝浦アイランド グローヴタワー(総戸数833戸)でも、2006年の分譲時(第2期第2次)は86.62u〜101.74uが6,440万円〜8,750万円だった。
GLOBAL FRONT TOWERではそれより価格帯は少し上がり、専有面積はかなり小さくなっている。

中古マンションはどうか。
先週、今週と、週末の新聞折り込みで普段以上に多くマンションの広告が入っていた。
その中から築10年以内ぐらいのマンション価格をいくつかひろってみる。

続きを読む
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 23:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑誌記事・その他 |edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。