■■■ブログ内検索■■■

2014年01月30日

「三菱地所×鹿島で欠陥工事 億ション解約騒動の顛末」週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドのWebサイト内「Daily Diamond」に、ザ・パークハウスグラン南青山高樹町の工事不具合の件について記事「三菱地所×鹿島で欠陥工事 億ション解約騒動の顛末」が掲載された。
2/3日発売の週刊ダイヤモンド2014年2月8日号にも掲載予定)
フジテレビが報じて以来、テレビも新聞も報じず、週刊誌も今日の週刊文春や新潮でも記事化されなかった。
フジテレビのサイトでは記事がすぐに削除されたし、圧力を受けてマスコミはどこも報道しないのかと思っていたが、ちゃんと報じる社がフジテレビ以外にもあって少し安心した。

今回の週刊ダイヤモンド編集部による記事では、ザ・パークハウスグラン南青山高樹町の工事で何が起きたかと、その原因、損害を誰が負担するのかといったことも書かれている。

  

具体的には、「全部で6000のスリーブが設計されていたにもかかわらず、なんと、そのうち1割に当たる600カ所でスリーブが開けられていなかったり、位置が間違っていた」上に、「調査をせずにコアボーリングをしたため、鉄筋が切れてしまった箇所もあった」ため、「少なくとも1年以上は修理に時間がかかる」とのこと。

これ自体かなり衝撃的な出来事だが、「欠陥発覚の発端はインターネット掲示板への、匿名の書き込みだったというお粗末ぶり」とも書かれており、どうやら本当にインターネット掲示板への書き込みで発覚した問題だったらしい。
掲示板への告発がなかったらどうなっていたのか、という声を多く見かけるが、本当にどうなっていたのか(何事もなかったかのように引き渡されていた?)、考えるだけでも恐ろしい。

また、原因については、「現場の施工ミスなのかと思いきや、なんとスリーブの施工図自体が間違っていた」「スリーブ図を作成した関電工のミスに加え、全体の設計図などを作成する鹿島が担うチェック機能も働かなかった」といったことを挙げている。
鹿島のチェックが働かなかったことについては、鹿島の現場所長が報告を怠った(「昨年8月の段階で、関電工から、『いくつかスリーブにミスがある』と報告がなされていた」が、「所長は報告をせず、関電工には、見つかった不具合の対処をするよう指示をしたのみだった」)ということらしい。

これだけ見ると三菱地所側には問題が無いようにも見えるが、「建物の設計は三菱地所設計が担当」しており、「三菱地所側にも非はある」としている。

記事後半では、東京オリンピックもあり建設作業の担い手が不足していることも取り上げ、

「『バブル期の物件は危ないから買うな』という専門家もいる」

「マンション工事なんて儲からないから、ずさんな現場は少なくない。工程の最後で適当に穴開けをしても表面上は分からないから、そのまま竣工することも可能だっただろう」


といった、専門家やゼネコン幹部のコメントを紹介している。
三菱地所レジデンス、鹿島建設といった名の通った企業が手がける億ションでも今回のような問題を起こしてしまうのだから、程度の差はあれ、他でも同様のことがあってもおかしくない、むしろ今回の件は氷山の一角ではないか、とさえ思えてくる。

今回の件については、契約者へ余分に払う手付金(違約金?)が全部で約23億円、建物を取り壊す事になった場合はさらに30億円程度かかるようで、それらの費用は鹿島が負担し、関電工とどう分担するか、今後折衝するということで、今後も色々と動きがありそう。
さらに、インターネットのマンション掲示板を見ると、所長と副所長が体調不良で入院しているとか、震度5で崩壊することが分かった旨の説明があった、といったことも書かれている。
そして三菱地所レジデンスも鹿島建設も関電工も、今回の件について公式な発表は何もしていない。
報じられていない問題が他にもあるのではと感じる。

通常、マンションを作っている様子は一般消費者が見ることはできず、完成後は躯体部分がどうなっているか容易には確認できない。
そういった意味でも消費者に対し事業者側は圧倒的に優位な立場にある。
「絶対的権力は絶対に腐敗する」と言われるように、放っておけば同様の問題が今後も続くと思う。
マスコミには、権力を監視するという意味でもぜひ報道を続けて欲しいところ。

今回の記事は来週(2/3)発売の週刊ダイヤモンド2014年2月8日号にも掲載される予定なので、新聞(全国紙)に載る同誌の広告にも見出しが出て、広くこの問題が認知されると思う。
そうなれば三菱地所レジデンスや鹿島、関電工に限らず、マンション業界として何もかも今までどおりというわけにはいかないだろう。
マンションは、購入する多くの人にとって人生最大の買い物であり、自分自身と家族を守る大事な住まいなのだから、今後二度と同じようなことが起きないよう、問題点の徹底的な改善をして欲しい。
自分自身も今回の件を忘れず、もっと知識を身に付け、マンション購入で失敗しないようにしたい。

     
saru_usagiをフォローしましょう
posted by さるうさぎ at 22:31 | Comment(34) | TrackBack(0) | 雑誌記事・その他 |edit
この記事へのコメント
こんなの、どこの現場でも日常茶飯事です。
なにを今さら素人がさわいで・・・
コア抜き専門の業者が食いはぐれる。
Posted by ななし at 2014年01月31日 22:21
さるうさぎさん 初めまして

 高樹町の物件は歩いていて現場を見つけ、青山にも通いましたが、金額オーバーで諦めだけに今回はビックリです

 スーパーゼネコン(もちろん鹿島ではありません)の人に感想を聞いたら、ちょっと信じられないがまずは三菱地所設計の責任だろうと言いました。全体の設計図に従って鹿島が施工するのが原則、ただし鹿島ほどの会社であれば、設計図がおかしい場合は、三菱側に物申すことを期待されるとも言っていました。
 確かにこう捉えれば、関電工は設計図通り作業していたがいくらなんでもまずいと思い、鹿島に報告したが鹿島は設計図通りで進めた。三菱側のチェックは間違った設計図に従っていたので全部通ったと言えそうです。
 三菱地所設計の評判は良かったはずなので、何故?と思いますが、細かい設計図を見ても専門家じゃないと誤り発見なんかできそうもないのが現実である以上、竣工前にこの話が出てきただけ、三菱=鹿島の組み合わせは、まだましなのかもしれません。
 せいぜいどこかのHPに書いてありしたが、細かい設計図を見して欲しいと言っても出てこない某デベは止めておくぐらいしか自衛策はないのか・・・ちなみに三菱の常盤松(これも検討しました)では、かなり分厚い設計図を見せてくれました

 長々とした文章失礼しました。そうそう今日発売のFRIDAYの新聞広告見出しにこの件が載っていましたね、まだ読んでいませんが、ますます大きな話になりそうですね
Posted by 港区は下町 at 2014年01月31日 23:34
港区は下町さん、初めまして。
コメントありがとうございます。

マンションを買う側としてどのように自衛するか、難しいですよね。
一言で言ってしまえば、もっと賢くなる、ということなんだと思いますが、まずは仰るように設計図書などの書類を見せて欲しいとお願いするところからなんでしょうね。

フライデーの記事、昨晩立ち読みしましたが、特段新しいこと(フジテレビやダイヤモンド記事で報じられたこと以上のこと)は記載されていないように思いました。
三菱地所側に断り無しにコア抜きが行われていた、とかそのぐらいでしょうか。
ただし新聞や電車中吊りに載ったのは大きいですよね。
来週月曜には週刊ダイヤモンドに載るでしょうし、ますます大きな話になると私も思います。

新聞が全然報じないのは残念でなりませんが、週刊誌には積極的に報じてもらいたいです。
Posted by さるうさぎ at 2014年02月01日 08:43
三菱地所レジデンスの新築マンション、我が家も当初からリビング天井中央全体に一直線のたわみがあり、洗面所床には凹凸が50pにわたってあり、引っ越し業者の方々が見つけてくれた小さな傷や汚れは数知れずです。
直せばいいんでしょという対応ですが、洗面所床は一日がかりで直すも結局うまく直せず、天井たわみも床も二年点検で直すとのことそのまま暮らしております。
またごみ置き場の管理がずさんで、一年経たないうちからゴキブリが多数頻繁に出るし悪臭に至ってはごみ置き場だけでなく玄関や部屋にまで真夏には漂い酷いです。
契約にあたり、サービスで取り付けたり値引きは一切やらないといったにも関わらず、お隣は値引きや全ての部屋のカーテン電気取り付けや家具類備品などもしてもらっているようです。
挙げればキリがないですが、あまりの対応の違いと誠意のなさに憤りを感じています。
Posted by at 2014年02月02日 11:06
昨日、本記事中にもあるeマンションの掲示板で本事件を知り、土木建築業界の人手不足は聞いてはいましたが、「へえ!億ションでもこんなに杜撰なんだ!」とビックリ。
他サイトでも周辺情報をいろいろ調べていたら、貴サイトを見つけました(^_^)

妻の職場が青山一丁目にあるもので「赤坂8丁目あたりに住むのはどう?」なんて心臓に悪いことを言われるのですが、過去記事をパラパラと拝見していて、2013年04月22日付の貴記事 『「今、買うならこれだ!マル得マンション」週刊ダイヤモンド2013年4月20日号』を見ると...!!!

なんと、問題のザ・パークハウスグラン南青山高樹町が『「富裕層向け」の一位になっている。』ではありませんか(°°)

ただし流石にさるうさぎさんは、この記事を書いたのが「櫻井幸雄氏で、自分から見ればデベロッパーの代弁者のような人」と評しておられます。

またそれに先立つ2012年12月25日の記事には「もうちょっとしっかりすべきではないかと思う。スケジュールに無理があるのか、あるいは関係者間でのコミュニケーションがうまくいっていないのか、そういったことが根本原因にあるのであれば、マンションそのものにも影響が出るのでは、と勘ぐってしまう」とあり、今回の大失態を予言するかのような鋭い見通しをされていることに感心しました。

しかし、雑誌というのは節操がないというか、自誌がイチオシで奨めたマンションが大欠陥・販売不能・手付3倍返し契約解除お願いマンション≠セったという事実にどう向き合うのでしょう。
というか、やはり『マス媒体は信頼できない。 信頼できるのは、見識と良識を備えた個人≠フ情報である』という時代に完全に入ったということでしょうか。
今後とも良質な記事発信を期待しています。
Posted by 世田谷下馬の住民 at 2014年02月02日 17:02
2014年02月02日 11:06にコメントいただいた方、コメント頂きありがとうございます。
天井のたわみや床の凸凹とは、大きな問題ですね。
そもそも普通に作っていればそんなことにはならないのでは、と(素人考えですが)思ってしまいます。
それに加えてゴミ置き場の匂いが玄関や室内にまで入ってくるとなると、夏場の生活は本当に大変なこととお察しします。
匂いの問題は明らかに専有部ではなく共用部の問題だと思いますので、管理組合で一致団結すれば、早期改善に向け三菱地所レジデンスを動かせるのではと思います。
事態が改善することをお祈りしております。
Posted by さるうさぎ at 2014年02月03日 21:02
世田谷下馬の住民さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
また、当ブログの記事を色々とお読みいただいたようで、ありがとうございます。

おっしゃるように、週刊ダイヤモンドは今回の三菱地所の欠陥億ションの件を早期に報じてはいますが、それまでは調子の良い評論家の記事を載せているわけで、節操がないなあと私も思います。
ただ、マスコミのほとんどが今回の件を報じない中、比較的詳細な内容を早期に掲載したという意味では、週刊ダイヤモンドは良い方かもしれません(過去ザ・パークハウスグラン南青山高樹町をおすすめしていたことについて何らかの言及は欲しいとは思いますが)。
新聞や他の雑誌、テレビでは大手スポンサーの問題はあまり報じられないのですかね。
今回の週刊ダイヤモンド記事も、新聞に載る広告の見出しに入るかと思っていましたが、広告でまったく触れられていないのはスポンサーへの配慮としか思えません。
単純に部数増だけを考えるなら、広告の見出しに載せたほうが確実にプラスなはずですから。

今回全然報道されないところを見ると、大手メディアの信頼性はどうなっているんだという気もしますが、きちんと裏付けをとった情報を発信するという点では、大手メディアの方が信頼性は高いと思います。
今回のようなケースでもきちんと報じてくれる報道機関があれば一番いいんですが・・・。

私も地の利を活かせる局面では独自の情報発信ができればと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by さるうさぎ at 2014年02月03日 21:09
セキスイハウス六甲アイランドマンションでもっと酷い施工ミス隠蔽事実がある。現在施工主セキスイハウスと熊谷組で隠蔽工作中
Posted by セキスイ怖い at 2014年02月21日 07:38
セキスイ怖いさん、コメントありがとうございます。
仰られているのは、六甲アイランドCITY W7Residenceのことかと思いますが、マンション掲示板を見ていると、ザ・パークハウスグラン南青山高樹町の時と同じようなやりとりがされていますね。
実際のところがどうなのか私には全く分かりませんが、もし問題があるのならきちんと公表して欲しいですね。
Posted by さるうさぎ at 2014年02月24日 00:24
厳しく品質を管理して施工している者にとっては迷惑な話です。
Posted by M at 2014年02月25日 10:28
Mさん、コメントありがとうございます。
仰るとおりですよね。
厳格な品質管理をされているところと、そうでないところが一般消費者でも見分けられれば良いのにと思います。
Posted by さるうさぎ at 2014年02月26日 23:12
積水ハウス六甲アイランドマンション偽装工作事実確認した
熊谷組吉田所長、施工ミス隠蔽が積水ハウスにばれて、検査機関に是正を受けました。検査合格せず、引渡しできなくなります。三菱地所同様手付金3倍返予定だそうでうす。
Posted by 積水ハウス関係者 at 2014年02月28日 23:37
積水ハウス関係者さん

マンション掲示板を拝見しますと、なにやらコンクリート撤去・打設工事といった資料が掲載されていますね。
この後どうなるのかよく分かりませんが、こういった情報が出てくるようになったのもザ・パークハウスグラン南青山高樹町の件がインターネットの書き込みがきっかけだったことも影響してるんでしょうね。
今後の推移を注意深く見守りたいと思います。
Posted by さるうさぎ at 2014年03月04日 19:40
Posted by 設備屋 at 2014年03月24日 20:33
施工図ミス、施工ミスのコア抜き工事怖いですね〜。
でもバブルのときは当たり前、むしろ
Posted by 設備屋 at 2014年03月24日 20:41
設備屋さん、コメントありがとうございます。
今日も積水ハウスのグランドメゾン白金の杜 ザ・タワーで柱に一部鉄筋が入っていなかったという不具合が新たに報じられましたが、やはりバブル期の物件は危ないということなんですかね・・・。
三菱地所固有の問題、と思いたかったところですが、積水ハウスと大成建設の組み合わせでも工事不具合となると、今の時期の新築マンションは怖くて検討できないですね。
Posted by さるうさぎ at 2014年03月24日 21:48
マンションを購入したものですが。
そのマンションも、このよなことが行われているのではないかと、不安です。内部告発的なことがない限り、このような事は
表沙汰にならないのでしょうか?
もっとこの問題が公になり、調査体制などが強化されないものでしょうか?
姉歯問題で見直されたことも、なにも役に立っていないのでは?
ウェリス稲毛も、こんな事になっているのでしょうか?
誰か、告発してくれないかな〜?
Posted by マンション購入者 at 2014年03月30日 07:48
マンション購入者さん、こんにちは。
購入者としては、自分のところは大丈夫なのかと心配になりますよね。
私も購入したのはけっこう前ですが、やはり心配です。
東日本大震災では何ともなかったので、きっと大丈夫だろう、と言い聞かせていますが、大規模な直下型地震が来たりしても大丈夫なのかどうか、あるいは長期間経っても大丈夫なのかどうかは内部告発的なことがあるか、あるいは多額の費用をかけて検査をするしかないんじゃないかと思います。
三菱地所や積水ハウスの件が大きく報道され、今後同様のことが起きないように抜本的な対策を各社が講じるようになって欲しいとですね。
Posted by さるうさぎ at 2014年03月30日 22:52
FRIDAYに内部告発した者です。
韓国の沈没事件と同じ構造
手抜き客船=熊谷組
隠蔽運航船長=積水ハウス
乗客=入居者
Posted by 積水ハウス at 2014年04月26日 10:09
コメントありがとうございます。
韓国での件と、日本で相次いでいるマンション欠陥工事とが同じ構造とは思いませんが、フライデーの記事は興味深く拝読しました。
特に、床に格子状に入っていなければいけない鉄筋が一方向にしか入っておらず、強い地震で床が抜け落ちる可能性があるとか、鉄筋を入れ直したのは強い抗議を行った購入者の部屋だけ、というのが本当だとしたら驚くべき事です。
Posted by さるうさぎ at 2014年04月28日 22:34
積水ハウスグランドメゾンてどうですか?
の板に写真載せといたよ。
Posted by 内部告発組 at 2014年04月30日 19:32
グランドメゾン投稿はセクスイーマウスに消されました。6番韓2階内装工事潰して鉄筋調査依頼しました。
きちんと調査しないと隠蔽の証拠写真公表します。神戸新聞には調査公表までストップかけときました。
じっくり確実に誠意をもって調査公表するように!
管理部8シロ部長、失長代理、待バラ君
Posted by 内部告発組 at 2014年05月02日 08:17
コメントありがとうございます。
掲示板の写真は一昨日の朝の時点では見ることができましたので、私も確認させて頂きました。
部屋番号や、間取り図での工事箇所まで記載されているので驚きましたが、本当だとすれば空恐ろしいことです。
誠意ある調査・公表を私も期待したいです。
Posted by さるうさぎ at 2014年05月03日 01:34
読売さんが内偵
熊ピンチ!!!
Posted by 熊もん at 2014年05月04日 01:16
ここにも写真載せたいけど♪
どうすればいい?
Posted by 内部告発組 at 2014年05月04日 01:19
合同説明会出席予定のAです
証拠写真、打ち合わせ資料
会議の録音、持っていくので契約者にその場で
開示致します。積水ハウスの悪行、辻本部長逮捕される?
Posted by 内部告発組 at 2014年05月05日 12:29
合同説明会が予定されているんですか?
Posted by 匿名 at 2014年05月05日 14:04
内部告発組さん、

残念ながら当ブログのコメント欄に写真は載せられないです。
私がブログ記事を書けば、そこに写真を載せることはできますが、当ブログは基本的に東京都港区のマンションについての情報を掲載していますので、神戸のマンションについて記事を書いたり写真を掲載することは考えておりません。
ご了承下さいますよう、お願い致します。
Posted by さるうさぎ at 2014年05月06日 22:36
他でも同様のことがあってもおかしくない・・・

その通りだと思います。

スリーブの抜けた図面が原因だという説明を
信じる専門家はいないでしょう。

こうした施工がまかり通る真の原因はどこに
あるのか?

施工監理三菱地所設計とうたっていますが、
地所設計の正社員がどの程度の頻度で現場に
出向いていたのでしょう?

最近、私のマンション(西麻布2丁目)で大規模
修繕工事を行いましたが、現場監督は2次下請け
社員で、トビ、塗装など職人は3次以下。

食材偽装と同様、施工監理はどこ、施工はどこ
と看板には出していても、現場がどうなっているか
は全く別なのではありませんか?

体調不良で入院しているという本件所長も恐らく
鹿島の下請け社員あるは契約社員の可能性があり、
看板に出ている大手はカネを抜くのが目的で
現場は下請け任せでしょう。

Posted by 西麻布 at 2014年07月05日 11:40
西麻布さん、コメントありがとうございます。
三菱地所設計の正社員がどのぐらい現場に足を運んでいたのか、仰るとおり非常に疑問ですね。

今回の件は、鹿島と関電工に責任があるということになったのかと思いますが、設計監理やチェックがちゃんとできなかった三菱地所側にもかなり問題があると思います。

建設業界の二次請け、三次請けといったピラミッド構造には、柔軟に人を集めやすいといったメリットもあるのでしょうけれど、弊害が大きいように思います。
エスカレートしていくと、大手はカネを抜くだけになり、今回のような問題につながったりするんでしょうね
Posted by さるうさぎ at 2014年07月07日 01:25
大学教授に聞いた話

三菱地所は丸投げで有名な会社
鹿島にすべて任せ、クレームも鹿島が処理する
(現場はその下請け孫請けがするわけだから
ピンハネがすごい)
三菱地所に責任が及ばないようにするのが鉄則
万が一の事が起こったら、迅速にマスコミ対応

それでも昔は現場監督にベテランがいて臨機応変に対応していたが
3.11以降腕のいいのは引き抜かれてマンションなんぞに関わっている連中は素人同然
図面どころか実物観てもわからない

自宅の売却代金を億ション購入に充てた客も一人や二人ではないんだよね・・・・。

Posted by あのにます at 2014年07月18日 16:43
あのにますさん、コメントありがとうございます。

やはり建設業など、下請けに発注し、下請けからさらに孫請けに、という構造になっている業界では、発注元が丸投げして欠陥だらけのものができあがる、というのがありますよね。

単純な問題ではなく複合的とは思いますが、ピラミッド構造は改める必要があるのではと思います。
Posted by さるうさぎ at 2014年07月21日 23:07
マンションのみならず現在の建築施工されているもの全て
が異常事態。
何が何でも工期が優先されています。
鉄筋の配筋方法が間違っていようがいまいが。無筋であろうが
コンクリートは打設する。チェックし管理監督をする人がいません。気がついても修正しません。
受注方法を利益・工期優先でなく品質優先の改革が今すぐ必要です。
困った時勢ですが消費者・入居者のことを思うとかわいそうですね。
Posted by ヨンケイペーパー at 2016年05月27日 10:56
ヨンケイペーパーさん、コメントありがとうございます。
本当に次から次へと、いろいろ出てきますよね。
建設だけでなく、東芝だとか三菱自動車とか、根は同じなのではないかと思います。
仰るとおり、品質優先とか、法令遵守とか、そういう意識の改革が必要なんだと思います。
本当に困った時勢で、マンションに住む身としては、自分の住まいに大きな問題が隠れていないことを祈るばかりです。
Posted by さるうさぎ at 2016年05月31日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。